診療メニュー | Service Menu

"インプラント"とは、抜けてしまった歯を補う治療方法のひとつです。

元通りの状態にしたいけど、一度抜けた歯は元通りにならないとあきらめていませんか?
歯が抜けてしまうと口の中に違和感を強く感じますよね。
どうしても気が散ってしまい、仕事に集中できずプライベートも楽しめなくなってしまいます。

実は、歯を失う前の状態を取り戻せる方法があります。それが「インプラント治療」です。

歯が抜けたらどんな治療法がある?

歯が抜けてしまった場合、インプラント治療以外にも入れ歯、ブリッジによる方法があります。これら3つは人工歯を取りつける点で同じですが、インプラントは他の2つと取りつける方法が異なります。人工歯の取りつけ方を中心に詳しく説明します。

入れ歯

入れ歯は3つの中でもっともイメージしやすい治療法でしょう。人工的に作られた、歯肉と歯が一体となったものを抜けた部分に装着する治療法です。
部分入れ歯は装着する部位の両端の歯に金具を取りつけて固定します。

ブリッジ

ブリッジは抜けてしまった部分の両どなりの歯を削り、その上から抜けてしまった部分と両どなりの歯をつなげたものを装着する治療法です。かぶせ物のことを「人工歯冠」と言います。これを歯に取りつける様子がまるで川の両岸に橋をかけるように見えるためブリッジと呼ばれています。ブリッジは人工歯冠を削った歯に差しこんで固定します。

インプラント

インプラントは歯が抜けてしまった部分にネジ状の金具を打ちこみ、上部に人工歯を取りつける治療法です。インプラントが入れ歯、ブリッジと違う点は人工歯が根元から固定されることです。

では、根元から固定することでどんなメリットがあるのでしょうか?

インプラントのメリット

  • 残っている歯を削らなくてよい
  • 根元から固定しているので違和感が少ない
  • 骨がやせるのをふせぐ
  • 本物の歯と見た目がかわらない

インプラントは本物の歯と固定される方法が同じなので、噛み心地があまり変わりません。このため、人工歯であることを気にせずにモノをかむことができるので、あごの骨全体が衰えずにすみます。また、インプラントを埋めこむときに他の元気な歯を削らないので、歯全体へのダメージが少ないのです。

さらに、金具が歯の中に埋め込まれているので入れ歯のように金具が外から見えません。そのため見た目でも本物の歯とあまり変わらないのです。

歯にはモノを噛む役割と、人の印象を良くする役割があります。インプラント治療は歯の持っている役割をクリアしているので、普段通りの生活をおくるのに寄りそった治療法です。

さまざまなメリットを持つインプラント治療ですが、実際に治療を受ける場合どれくらいお金や時間がかかるのか、痛みは生じるのかが気になりますよね。次に治療の費用と期間、施術時の痛さについて説明します。

インプラント治療の期間・費用・痛さってどれくらい?

※1本だけ欠損したケースで骨に問題がない場合

※インプラント埋入後にかぶせる人工歯の金額は含まれていません。

治療費35万程度
治療期間3~10ヶ月

治療期間は3ヶ月~10ヶ月ほどです。インプラントをつける部位や個々人の口内の状態によって期間は変わります。インプラントは他の治療法に比べ、じっくり時間をかけて人工歯を定着させるため半年程度の時間が必要です。

この期間中に治療は大きく5段階にわたって行われます。

1. 治療計画と手術前の準備

手術方法や期間を決めるため、あご全体のレントゲン撮影などの検査や全体の計画を立てます。

2. 1次手術

ネジ状の金具を取りつけ、金具の先端が露出した状態で固定します。

3. 定着期間

1次手術で取りつけた金具があごにしっかり定着するのを待ちます。

4. 2次手術

金具の先端に人工歯を取りつけます。

5. インプラントの定着

人工歯があごに定着するのを待ちます。

治療に痛みや違和感を覚えるのは手術直後です。金属を体内に埋めこむため、違和感を覚えます。手術中は部分的に麻酔をかけるので痛みは感じません。また、当院では不安感を取り除き、リラックスして治療を受けていただけるよう麻酔専門医による「静脈内鎮静法」も行っております。

モノを噛む感覚や歯をキレイにみせることは楽しく生活することに直結します。そして歯は生きている間ずっと使い続けることになるので、インプラントの治療方法はおすすめです。

よくあるQ&A

Q. インプラントはなぜ費用が高いのでしょうか?

A. インプラント治療は保険が適用されないため、ほかの方法に比べると高額になっています。治療費だけを見ると高く感じると思いますが、口の中に違和感なく生活できますし、ブリッジや入れ歯と比べて長持ちします。長い目で見ると費用をかけるだけの価値があります。

Q. インプラントは交換する必要はありますか?どれくらい長持ちしますか?

A. 実際にインプラント治療を受けた方の9割以上が10年以上交換なく過ごしており、中には30年以上使い続けている方もいます。ちなみに、入れ歯の場合は4~5年に1度、ブリッジの場合7~8年に1度(※)のペースで交換します。インプラントは一度定着してしまえば手間が少ない治療法なのです。
※快適に使える平均的な耐久年数。ブリッジについては、年代によって咀嚼力の強さが異なる為、耐久年数も異なる傾向にあります。

Q. インプラント治療の後で注意しておくべき点はありますか?

A. 口の中を常にキレイにしておくことです。インプラントの上にかぶせた人工歯は虫歯にはなりませんが、ケアがしっかりできていないと、歯垢や歯石による感染で歯肉が炎症を起こして、「インプラント周囲炎」という病気になってしまうことがあります。ご自宅での毎日の歯みがきと定期的なプロケアが大切です。タバコやアルコールにも注意しましょう。

ご予約はこちら

平日は夜8:30まで診療!祝日も休まず診療しています。

当院ではお忙しい方にも、安心して通院していただけるように、平日は夜8:30まで診療しております。
また、祝日も診療しておりますので、ぜひご利用ください。
初めて、南茨木プラザ歯科にご来院の方は、オンライン予約もご利用いただけます。

TEL.072-657-0077 初診の方限定インターネット予約はこちら【24時間受付】

アクセス

住所
大阪府茨木市東奈良
3丁目14-10 西川ビル2F

[受付時間]

平日
午前:9:30~12:30
午後:14:30~20:00
土曜・祝日
午前:9:30~12:30
午後:15:00~17:30
日曜
休診
予約
072-657-0077

翔己会グループのご紹介

  • かい歯科
  • かい矯正歯科
  • 翔己会新聞
  • 茨木市の歯科スタッフ募集
  • 歯科医師募集
  • 歯科衛生士募集!
  • 歯科助手募集