診療メニュー | Service Menu

あなたは大丈夫ですか? 現代人の約70%の人が歯周病にかかっていると言われています。

「最近、歯がグラグラ動く気がする」、「歯ミガキをしただけで血が出ている」
これらは歯周病が原因の可能性があります。

歯周病にかかって間もないころは、あまり痛みを感じないため気づかないまま放置されてしまう場合がおおいですが、放っておくと、歯を何本も失うリスクが潜んでいます。

歯周病の自己診断 自分では気がつきにくい歯周病。下記のような症状はありませんか?

次のチェックリストに3つ以上あてはまる方は、歯周病は進んでいる可能性が高いです。

・普段通り歯ミガキをすると歯ぐきから出血する ・最近、歯が長くなったように感じる ・口臭がひどくなったと感じる。また、他の人から指摘されることが増えた ・歯と歯の間が広がったように感じる ・歯がグラグラ動く感覚を覚える ・口の中がネバネバする ・歯ぐきが赤くなり、腫れぼったくなったように感じる

上のチェックリストに当てはまる数が多いほど、歯周病が進行しているということが言えます。

あまり当てはまらなかったとしても、進行していないと断言はすることができず、さらに歯周病は放置していると歯を溶かしていってしまうため油断は禁物です。
さらに、歯が1本溶けるだけでなく他の歯にも伝染し、最悪の場合、歯が全滅することにもなりかねません。

歯周病の治療方法について 歯周病は完治するの?

初期段階だとしても歯周病は自分で治すことが難しく、歯医者での治療を奨励しております。歯周病の原因は歯のスキマにたまった歯垢や歯石で、これがたまってしまうと細菌が増え、歯や歯茎に炎症を引き起こし歯周病となります。歯周病の治療においてこの歯垢や歯石をすべて取り除かねばなりません。しかし、歯石は固く歯ブラシなどではとることができず、さらにそれらは歯ブラシの届かない歯周ポケットの奥にも存在しています。

歯科医院では歯周病の治療を以下の3つの流れで行います。
はじめに検査を行い、次に歯ミガキの指導を受け、最後に歯石の除去を行います。

1. 検査

歯周病がどの程度進行しているのか正確に診断します。
レントゲンや「プローブ」と呼ばれる細いものさしを使い、歯がどれくらい溶けているか。歯と歯の間の溝の深さを調べます。

2. 歯ミガキの指導

歯周病は日ごろの歯ミガキが不十分のために発生するケースが多いため、患者様が日ごろどんな歯ミガキをしているか聞いたうえで、正しい歯ミガキのしかたを説明します。

3. 歯石除去

専用の器具を使って、歯周病のもとになっている細菌を歯石ごと取り除きます。

この3つのプロセスは初回の診察で全て行われますが、歯周病が進んでしまっている場合は2,3回以上通院が必要になります。
特に歯周病が悪化している場合、歯茎の内部で炎症が発生していることが多くその場合歯茎を切り開いて歯石を取り除く歯周外科治療が行われます。

歯周病を予防するためには?

歯周病を予防するために最適な方法は、定期的に検診を受けることです。 どうしても歯ブラシが届きにくい部分はありますので、数カ月おきに歯石を取るようにすることで歯周病の予防につながります。

南茨木プラザ歯科では、3ヶ月に1回のペースで検診を受けることを提案しています。健康に過ごし、生活を楽しむためにも検診をお勧めします。

ご予約はこちら

平日は夜8:30まで診療!祝日も休まず診療しています。

当院ではお忙しい方にも、安心して通院していただけるように、平日は夜8:30まで診療しております。
また、祝日も診療しておりますので、ぜひご利用ください。
初めて、南茨木プラザ歯科にご来院の方は、オンライン予約もご利用いただけます。

TEL.072-657-0077 初診の方限定インターネット予約はこちら【24時間受付】

アクセス

住所
大阪府茨木市東奈良
3丁目14-10 西川ビル2F

[受付時間]

平日
午前:9:30~12:30
午後:14:30~20:00
土曜・祝日
午前:9:30~12:30
午後:15:00~17:30
日曜
休診
予約
072-657-0077

翔己会グループのご紹介

  • かい歯科
  • かい矯正歯科
  • 翔己会新聞
  • 茨木市の歯科スタッフ募集
  • 歯科医師募集
  • 歯科衛生士募集!
  • 歯科助手募集